10代、20代、30代、40代、50代、60代の芸能事務所ステージ
~新人発掘から育成&マネジメント・プロデユースまで一貫体制~

受付番号

閉じる

Interview STAGE所属モデル インタビュー

応募時の心境・レッスン・実際にお仕事をされてみて
先輩タレントの方々のインタビューです。

モデル

西本 今日子Kyouko Nishimoto

詳細プロフィールはこちら
モデル

青木 加代子Kayoko Aoki

詳細プロフィールはこちら
モデル

長谷川 彩子Saeko Hasegawa

詳細プロフィールはこちら

ステージに応募したきっかけは?

たまたまステージさんの広告をみかけて。20代の頃、ヘアモデルの経験を何度かやっていたこともあって、子育ても一段落した今、このお仕事で、これからもおしゃれで綺麗でいられたらなって思ったのがきっかけです。

印象に残った仕事は?

この仕事を始めて間がない頃の仕事だったんですが、頭の角度を「2ミリ左側に!」と指示された事があって、ミリ単位でこだわるところが、“すごいなぁ”と関心しました。どの仕事もですが、びっくりするくらい細かい所まで拘って一つの作品が出来上がっている事に驚きました。

華やかに見える世界だけど、実は裏では“大変!”って事はある?

現場は全て大変だと思います。仕事に簡単はないですね。出演者もスタッフも皆いい作品を作る為に真剣ですから。実際に使われるカットは数枚だし、CMなんかは一瞬だけれど、その作品が出来上がるまでのプロセスはやはり大変だと思います。

このお仕事のやりがいは?

一つの作品が出来上がるまでに、たくさんの人達が関わっていて、その中の一人に自分が入っている事も嬉しいですが、その自分が関わった作品が世に出て、後々残っていく事は本当に嬉しい限りです。

今後の目標は?

幾つになっても続けていきたいのと、私が関わった商品がヒット商品になって、 「あの商品のモデルさん!」と言われたい。

このお仕事に興味を持っている方達にメッセージをお願いします。

.私くらいの年齢になると、人から認められるって経験が殆どなくなるんですよね。だから、出演が決まった時は、クライアント様が、私を選んでくれたわけなので、大きな自信になります。俄然、「がんばろ!」ってやる気モードになります。 あとは、私くらいの年齢になると“もう歳だから”って、色んな事を諦めてしまったり、 “この歳だから、こうでないといけない”って、髪型とか服装とかを年相応に無難にしたり、やってみたい事も諦めてしまったりする傾向があると思うんですよね。 でも世の私くらいの年齢の女性達が元気に好きな事をイキイキとやっているって世の中も元気になると思うし、自分の年齢(50代)って、今の時代はチャンスの時代でもあるじゃないですか?確実に需要も増えているわけですしね。 だから「やってみたいこと」にはどんどんチャレンジすべきだと思います。待っているだけでは何も手に入りませんからね、自分から動いていかないと!  

モデル

工藤涼助Ryosuke Kudo

初仕事の時はどうでしたか?

共演者の方がとても印象に残っています。「この仕事で大切な事って何ですか?」の質問に対して「人間力ですよ!」と答えてくれました。その方は、芸歴のある方で、新人時代のエキストラから、主役の仕事までを経験していて、現場での役付きとエキストラに対しての周囲からの扱いが全然違うのを知っているからこそ、「自分は主役であっても絶対に天狗にならないようにしよう。常に謙虚さを忘れないようにしている。」と言っていた事ですね。

このお仕事を始めて普段から心掛けていることは?

体型です。筋トレ毎日やっています。あとは、美顔体操!女の子がやっているような。(笑) それと、発声練習。近所迷惑、家族迷惑にならない時間帯でね。

華やかに見える世界だけど、実は裏では“大変!”って事はある?

求められた事が出来ないとすぐに外される事!現場でいきなり台本が変わる事もあるし、イメージ通りの演技が出来なければ、役付きだったのが、後ろに回されてしまう事だってある厳しい世界。瞬発力が求められるし、例え上手くいかなかった時でも「次は迷惑かけないようにしっかりとやろう!」ってタフにいきます。

今後チャレンジしたいお仕事(役)は?

仮歌!

今後の目標は?

与えられたこと全てに答えられるようになりたいし、与えられたこと以上のものを返したい。

このお仕事に興味を持っている方達にメッセージをお願いします。

僕くらいの年齢になると、興味があっても「もう若くないし」って諦めてしまう人も少なくないと思うんですよね。実際僕も、この歳からで、経験もない、武器も特徴もとりわけなくて、自信なんてなかったけど、僕にしかできない仕事(役)がある。例えば、“素人っぽい人”という役もあるわけで。(笑)やる前から諦めるならチャレンジしてほしい!

(同世代の方へ)発信させたいメッセージをお願いします。

前向き!やる前から「どうせダメだから」とネガティブにならずに、「ダメだったらこうしよう!」って、ネガティブな感情をポジティブな感情に変換する事がおもしろい。最初から出来るわけがなくて、失敗を恐れず、いかに“気軽に挫折ができるか”なんですよね! 常に自分自身の可能性を摘み取らない事かな。

モデル

松野かおるKaoru Matsuno

いつ頃から芸能界に興味を持ちましたか?

正直、ステージさんと出逢うまで、全く考えた事もありませんでした。芸能界なんて、自分とは全くの別世界だと思っていたので、たまたま広告が目に留まって「へぇ〜、私にも出来るのかな?」なんて、軽い気持ちで応募したのがきっかけです。子供達も大きくなって手が離れたので、何か始めたいなと考えていた時だったので。

合格の通知がきた時はどんな気分でしたか?

すごく嬉しかった!と同時に、不安もありました。全くの未知の世界だから、“これからどうなっていくのかな”と、色々と考えてしまって、嬉しさ半分、不安半分でしたね。

レッスンを受けてみてどうでしたか?

レッスンでは得るものがたくさんあります。基本的な知識から、技術的な事まで、プロのモデルさんや監督さんがしっかりと教えてくれて、とても新鮮でした。レッスンを受け始めて、意識が変わったし、日常生活でも、今まで全く興味のなかったお笑い番組を子供達と観るようになって、“芸人さんのボケ・突っ込みの間合い”を勉強したり、見方が色々と変わりました。レッスンを受ける度に「頑張ろう!」って、どんどんやる気になっていきました。

今後の目標は?

今は“素の自分”を活かした役(仕事)が出来ればいいなと思っていますが、演技力を身に付けて、全く普段の自分とは違った役にもチャレンジしてみたいです。まだまだ未熟ですが、今後どんな役(仕事)に出会えるかとても楽しみです。いっぱい自分の作品が残せるよう頑張りたいです。

この仕事に興味を持っている方たちへメッセージをお願いします。

あの時の自分の好奇心が、今の自分の原点だと思い返すと、どうか勇気を出してアクションしてみてほしいな、と思います。

  • タレントモデルブログ
  • マネージャーブログ
  • facebook
  • Youtube

PAGETOP